前のページ
TOP
次のページ

ビアンテ買取・高額査定は業者を激しい競争に引きずり込め!

■目次
1、今からできることに全力を!
2、ビアンテの買取相場をチェック!
3、巧みな交渉術に負けないための事前知識!
4、歴戦の強者を相手にできる!?無謀な査定の実態は!?
5、利益と看板とブランドを賭けた争奪戦を仕掛けよ!

 


マツダのビアンテの高額買取。

 

査定に出すなら当然勝ち取りたいところでしょう。

 

中古車査定でポイントになるのは、「車種・年式・走行距離」なのですが、そんなことに囚われてはなりません。それらはいずれもあなたの努力でどうなるものではないからです。

 

車種も年式も走行距離も変更は不可なのだから、そこは無視。

 

それよりも今から尽力できることに全力を注ぐことが大切です。今からできることとは中古車買取業者の選定作業

ここに比重を置いて査定交渉に臨むことが必要でしょう。

 

まずはビアンテがどのくらいの査定額で買取られているか?現在の査定相場をササッとチェックしておきましょう。

 

■ビアンテの買取相場は!?

価格ドットコムの相場では78万円~186万円
ガリバーの買取相場では5万円~140.3万円
カーセンサーの買取相場では走行距離6.7万キロの車両には76.9万円

 

高額がつきやすいボディカラーは、

ブリリアントブラック・ラディアントエポニーマイカ・クリスタルホワイトマイカの順。

 

高額が望めるグレードは、

i-stopスマートエディション・グランツ・20Zの順。

 

このような相場になっています。

 

多くの人は、

 

”どの買取業者が一番高くビアンテを買い取ってくれるかな?”

 

このように考えます。そして、やっぱりガリバーかな。有名だし高額査定で評判だし。売る売らないは別として、

 

”まずはガリバーの無料査定から当たってみよう!”

 

このように思うわけなのです。

 

そして実際にガリバーに接触してみると、そのままガリバーに売り渡してしまう。ガリバーほどの営業猛者があなたを他社に行かせたり、買取交渉を保留で終わらせることはまずないからです。

 

ガリバーといえども、提供するサービスに他社と大きな違いはありません。ガリバーが他の買取業者よりも優れているのは、何と言っても営業力

 

売る売らないは別として、ガリバーにとりあえず聞いてみよう。

 

こうした車オーナーから手堅く中古車を買い取っていく。その能力の高さが業界トップの実績を継続し続ける強さの秘訣になるのです。

車買取・査定額

 

■ガリバーの巧みな交渉力

ガリバーの営業プロセスは、あなたがビアンテの無料査定を依頼して、ガリバーから電話がかかってきた段階からスタートします。

 

最初のコンタクト、そこでガリバーの営業はあなたに親しみや信頼感を覚えてもらうようにアプローチしてくるのです。

 

決して、”売って!売って!お願い!”、こうしたハードな営業をかけてくることはありません。丁寧に余裕を持って、何でも聞いて大丈夫ですよ。

こうした安心感を与えることに全力を尽くしてくるのです。その様は営業員ではなく、アドバイザーそのもの。

 

あなたから好印象を引き出すために時間を使ってくるのです。

 

それが最初の電話の主目的ですが、他にも、

 

・他社にも査定依頼をしているのか?
・どのくらいで売りたいと思っているのか?

 

こうした査定交渉の根幹部分に当たる情報も聞き出そうとしてきます。

 

そしてある程度、信頼関係ができた段階、貴重な情報を手にした段階で、次のステップである出張査定に進むのです。出張査定とは、実際にガリバーの営業員に車を見せて、最終的な査定額を提示してもらう工程です。

 

その査定金額を聞き、売るか?売らないか?他社にもあたってみるか?をあなたが判断することになります。出張査定は車買取の最終ステップとも言えるのです。

 

当然ガリバーとしてはあなたに買取契約書に判を押してもらうことを目標に組み立ててくる。車を売るあなたの側はここでなせだか、知り合いにあったかのような錯覚を覚えてしまうものなのです。

 

なぜ、そうした親しみを感じるのかというと、最初の電話でガリバーはあなたとの信頼関係の醸成に全力を注いでいるから。親しみを覚え、実際に話をしていくと、ガリバーの思うがままに話がんでいく確率が高くなる。

 

疑問には丁寧に答え、信頼できる営業員と思ってもらうことに力を尽くせば最後は契約に至る。このことをガリバーはよく分かっているので、多くの人はそのまま愛車を売却してしまうのです。

それは実にモッタイナイこと。他社にも当たれば、確実にもっと高値でビアンテを買取に出せたはずだからです。

 

■買取業者の目的は?

ガリバーの営業員があなたに親切に振る舞うのは善行を積むためではありません。

あくまでもその目的は、最大限の安値であなたからビアンテを買い取ること。それにより自社の利益を最大化する目的で行っているだけなのです。

 

”売って下さい!高く買います!”

 

こうしたハードな営業をいくらかけても、ただあなたに嫌われるだけ。だから上記のようなプロセスを踏み、ビジネスで最も大切な信頼感を醸成することに力を注いでいるわけです。

 

信頼のある人の言うことは聞きやすくなるので、ガリバーが思うままの買取金額でビアンテを売り渡してしまうのです。実に巧妙で、実戦経験を積んだ企業戦士があなたの元にやってくるので、カンタンに転がされてしまうというわけです。

 

もちろん、

”あなたとしては”高く売れたな”、”そこそこの値が付いたな”

 

こうした感想を持つのですが、それはガリバーの営業が巧みなだけ。

 

”そんな査定額なら売らない!”

 

あなたにそう思われてしまえば一巻の終わり。だからこそあなたに満足してもらうように入念な仕掛けをしてくるのです。愛車のビアンテを最高額で買取に出したいなら、このような手練れの歴戦の強者と正面から向き合わないことが大切。

 

1対1の交渉を徹底回避することこそが、ビアンテの高額買取に直結するわけなのです。

車買取博士

 

■複数社同時の原則!

1対1の交渉を徹底回避するための方法は、1対多の形にすればよいだけ。具体的にはネットの中古車無料一括査定を使うことが重要になります。

 

一括査定サイトの査定依頼申し込みフォームから、車種・年式・走行距離などを1分程度で入力すれば、たくさんの買取業者に同時に見積もり査定を依頼できる。

 

それにより各社間の激しい争奪戦を仕掛けることができるのです。

 

中古車買取業者は自社の利益を最大化するために、可能な限りの安い査定額でビアンテを手にしたい。

 

でも、そこでライバル業者との競争を強いられてしまえば、局面が変わる。利益を何とか確保できる査定額のラインを出す必要が生じる。

他社よりも高い査定額を提示する必要があるからです。

 

査定額でライバル業者に負けてしまえば、ビアンテは仕入れられないし、負けた業者としてレッテルを貼られてしまう。

 

”ガリバーって高額査定で有名だけど、ビッグモーターの方が高かったよ”

 

そんなつぶやきをSNSなどでされてしまえば大変。不特定多数の車オーナーに、

 

”あの業者は本当は安値業者だよ”

 

そのように逆ブランド化されてしまうリスクもあるのです。ネット時代は怖い時代で、あなた一人のことが広く世に一般化されてしまうリスクが生じる。

 

一対多、複数社同時の査定依頼をされてしまえば、買取業者は利益と看板、ブランドを賭けた厳しい戦いを強いられるのです。

 

ビアンテを高額で買取りに出したいなら、とにかく一社だけに査定依頼を行わないこと。複数社の間で徹底して競わせること。

このことが大切になります。

 

一括査定の活用は車種・年式・走行距離などを入力するだけなので、使わない手はありませんよ。

ぜひビアンテの売却の参考にしてみてください!

 

■2000社の中から最高額の業者を!手間なし高額実現へ!

車の買い取り査定サービス

 

■加盟買取業者数が1000社と多く競争を熱く激しく煽れる!

カーセンサー.net簡単ネット査定

プレマシー買取で高額査定を妨害する雑音の真偽を追求!
プレミオ買取・高額査定は時間がなくてもこの手で即実現!

関連記事一覧

ワゴンRの買取査定で高額実現は本気度で決まる!?

■目次 1、ワゴンR買取でいきなり減禁! 2、絶好の追い風が吹く市場動向は!? 3、ワゴンRの買取相場はどれくらい!? 4、ガリバーが車買取...

アウディA6買取で査定高額は迷わずこの方法!

■目次 1、アウディA6買取の秘訣は!? 2、アウディA6の買取相場は!? 3、車査定・間違いランキング発表! 4、より激しいより熱い競争を...

ポルシェカイエン買取査定・売り値相場を知り高値売却!

■目次 1、カイエンの買取相場 2、二者択一で結果が変わる!? 3、最高額での買取はこう実現! 4、車査定は心身消耗・疲労困憊!? 5、手間...

プジョー308買取で低査定を招く典型パターンはコレ!

■目次 1、プジョー308買取の前提! 2、プジョー308買取相場は!? 3、売却タイミングを巡るデマは!? 4、競争こそが高額査定実現の原...

BMWX1買取査定は安易に近づくな!高額はこう勝ち取れ!

■目次 1、BMW X1買取相場は!? 2、アウエイで高額は困難!? 3、弱者は強者と組しない!? 4、情報遮断で攻撃はピンポイント! 5、...