前のページ
TOP
次のページ

ノア買取で高額査定のガリバーが出し惜しみする理由とは!?

■目次
1、ガリバーならノアを高額買取!?
2、ノアの現在の買取査定相場は!?
3、低査定はこの事情!業者を信じるな!
4、あなたが査定で不利なこれだけの理由!
5、交渉ではなく判断!業者対策はこれで万全!


ノアの買取査定。

 

高く売るにはやっぱり、

 

”ガリバーへ!”

 

こういう方が実に多いのです。

 

ガリバーは全国津々浦々に店舗があるので知名度も高い。しかも高額査定で名の通った会社なので変なことはないだろう。

 

まずはガリバーから!このようにして査定依頼をするわけです。

 

ある人は直接店舗に持ち込んだり、ある人はネットの無料査定から申し込んだり。方法は違えど、高額査定ならガリバーへ!!そう多くの人が思っているわけです。でも、

 

そこにリスクはないのでしょうか?ガリバーをそんなに信用してしまって大丈夫なのでしょうか?その点について述べる前に、まずはノアの現時点での買取相場を確認しておきましょう。

車買取査定

■ノア買取相場は!?

価格ドットコムの相場では68.9万円~249万円
カーセンサーの買取相場では走行距離6.4万キロの車両には112万円
ガリバーの買取相場では2018年式で走行距離1万キロの車両には233.7万円。

 

このような査定相場になっています。

 

高額査定がついているのは年式の新しいハイブリッド車種が目立ちます。

 

価格が手ごろで使いやすく広い車内空間、2001年に発売されてから高い人気誇る車種がトヨタのノアです。もちろん中古車市場でも人気車種となっています。

 

”そうか、時代はハイブリッドだもんね。ウチのノアはガソリン車なんでダメか・・・”

 

そう思われるかもしれませんが、そんなことは決してありません。海外市場ではハイブリッド車は敬遠され、人気が高いのはガソリン車。しかも4WDならかなり高い需要があります。

 

アフリカでは交通手段が車に限られるので、積載力があり走行が安定していて悪路でも故障の少ない日本車。中でもトヨタ車はもの凄く人気があるのです。

 

ノアももちろん人気ですが、このように海外でのガソリン車の需要を隠してハイブリッド車でないと、高額査定は難しい・・・。

 

そうあなたに思わせるためにこのような相場をわざわざ人目につくように出していると考えられるのです。

 

中古車買取業者の本物の査定相場は一般には決して公開されることがないものです。それなのにわざわざ誰でもアクセスできるネットの相場情報に出している理由は、価値あるノアを安く買い取るため。

 

”ハイブリッドじゃないので・・・”

”走行距離も多く、年式も古いので・・・”

 

あなたにこのように思わせるための作戦であると思っておけばよいのです。

 

ノアはやり方次第で高額で買取に出すことができる。臆することなく強い気持ちで買取業者との査定交渉に臨む必要があるのです。

車買取・営業員

■ガリバーは高額なのか?

ノアは中古車市場で人気のある車で、しかも海外でも需要が高い。

 

ハイブリッドでなくても走行距離が多くても、年式が古くても高く売れる。強気の姿勢で査定交渉に臨むのが良いことは分かった。

 

でも、売却先となるガリバーはどう評価するのでしょうか?

 

ガリバーは年間買い取り実績を毎年20万台以上を記録し続ける中古車業界の雄。高額査定続出の信頼の元にのし上がってきた一番有名な買取業者です。

 

当然、高値がつくだろうと売る側は期待するのですが、そんなのは幻想です。高額査定続出はタダの宣伝文句に過ぎないからです。

 

あなたが工夫も算段もなく、ガリバーの店舗に直接愛車のノアを持ち込んだり、ネットの無料査定で買取依頼をしてしまえば、すこぶる安値で買い叩かれてしまいます。

 

ガリバーも大きな利益を上げないと、会社を存続できないのですから。

 

ガリバーから見ればあなたのノアは商品です。ノアを仕入れ、それを他に売ることでガリバーは利益を得ているのです。利益の最大化が会社に求められる最大の責務なので、徹底した安値であなたからノアを売り渡してもらおうと様々な画策をしてくるのです。

 

そうでないと、株主も証券市場も、メインバンクも黙っていない。高額買取を連発して収益性が下がれば、会社の評判は地に落ち、経営危機に瀕してしまうものなのです。

 

ガリバーなら高額!そのように思っているなら、今ここで認識を改める必要があるのです。

車買取・査定額

■門外不出の買取相場

そうは言うけど、こっちだって、

 

”安いなら売らないよ”

 

そう思われるかも知れません。でも、高い安いの判断はあくまであなたの胸の内。ノアを売却するに当たって、

 

”このくらいで売られたら良いな”

 

そんな皮算用で思っているだけなのです。

 

ガリバーを含めた買取業者のあなたのノアに対する上限買取金額は全て最初から決まっています。例えば150万円が上限買取額である場合、馬鹿正直にその額で買い取っていれば会社に残る利益はなくなってしまいます。

 

だからこそ150万の価値があるあなたのノアを50万円で買い取りたい。そうなれば100万円の利益を会社に残すことができる。

 

そのように営業員は考えて、あなたからノアを買取るための作戦のを組んでくるのです。

 

”4駆なら海外相場で高いのですが・・・”

”ハイブリッドじゃないと今はちょっと・・・”

”走行距離が7万キロでは難しいのですが・・・”

 

このようにプロの中古車営業員から言われれば、案外すんなり納得してしまうもの。自分の想定に無理があり、皮算用だったか。

 

そんな風に思ってしまうのです。

 

車オーナーから安く車を手に入れる、そのための技を日々研究し実践を繰り返している中古車買取業者の方があなたよりも何枚も上。

 

買取業者との接触にはよほど注意しないと危険である、そう言わざるを得ないのです。

 

こうした巧みな買取業者の手立てを封じる唯一の方法は、1社とのみ買取交渉を行わないこと。

 

一対多、この形を作ることが不可欠になるのです。

■交渉せずに判断せよ!

一対多の形とは、査定依頼をする際はできるだけたくさんの買取業者に見積もり査定を同時に申請すること。

 

具体的には中古車無料一括査定を使うのが最も有効な対抗策になるのです。

 

買取業者は一括査定で申し込まれてしまうと、日々全国各地で激戦を繰り広げている競合他社の存在を強烈に意識せざるを得ません。

 

上限価格は他社も一緒。50万で買い取りたいけど、それだとあの会社が70万を出してくるかもしれない。最近好調と噂のあの業者は100万円台前半で勝負してくるかもしれない。

 

このように競合相手の腹の内を必死に探り出すのです。

 

もし査定額でライバルに敗れれば商品の仕入れができなくなる。儲けのタネがなければ利益も売り上げも上がらない。

 

そうなっては大変!こんな感じで自社で利益が出つつ、しかも競合に負けない金額を出さざるを得なくなるのです。各社が右へ倣えで同じことをしてくるので、あなたのノアの買取査定額がグワッと上がる。

 

競争を強いれば高額査定を引き出しやすくなるのです。

 

あなたは各社の争奪戦の模様を眺めて、後はどこが一番あなたのノアを高く評価するか?を判断するだけ。買取業者と一切交渉をすることなくただ判断するだけ。

 

この方法で安値での買い叩きを防ぎ、しかも最高額でのノア買取を叶えることができるのです。

 

中古車買取査定はそのためのツールで、申請も簡単。1分そこらで終わるのでぜひともノアの買取に活用してもらいたいと思います。

 

くれぐれもガリバーであれどこであれ、1社のみに査定依頼をしてはなりません。買取業者と接触する際は複数社同時が大切。

 

ぜひ参考にしてノアを現時点での最高額で買取に出してみて!

 

■2000社の中から最高額の業者を!手間なし高額実現へ!

車の買い取り査定サービス

■加盟買取業者数が1000社と多く競争を熱く激しく煽れる!

カーセンサー.net簡単ネット査定

アクセラ買取で高額査定実現はカンタン手間なしで!
日産ノート買取で高額査定は初めてでも簡単に!

関連記事一覧

ジャガー買取で高額査定成功は業者の本音にあり!対策は万全!?

■目次 1、言動不一致が買取業者の実態!? 2、ジャガー査定・現在の買取相場は!? 3、安値を防ぎ高額を引き出す最大の秘訣は!? 4、低査定...

プジョー207買取で査定高額を引き出す業者選定法は!?

■目次 1、プジョー207買取の前に! 2、プジョー207買取相場は!? 3、高額査定のボタンはココを押せ! 4、高額査定実現ツールは数に注...

ベンツE63AMGの買取で高額査定実現の2つの注意点は⁉

■目次 1、ベンツE63AMGの買取 2、E63AMGの買取相場は!? 3、労力と時間の浪費を覚悟!? 4、個人情報の流出も心配・・・ 5、...

ルノートゥインゴゴルディーニRS買取査定に相場は無用!?

■目次 1、ゴルディーニRSの買取相場 2、一方的な○○相場の中での高額実現 3、徹底した○○が高値査定を可能にする! 4、代償は計り知れな...

アウディA8買取で査定高額はアレを激しく熱く煽れ!

■目次 1、アウディA8買取の車種特徴 2、アウディA8の買取相場は!? 3、買取業者の本性と正体は!? 4、プロと素人の真逆の闘いは!? ...