前のページ
TOP
次のページ

車買取査定で走行距離のウソ・ホント

■目次
1、走行距離にまつわる真偽とは!?
2、5万キロの壁は今でも顕在なのか!?
3、査定額は山ごとに決まる!高額の目安は!?
4、世界に珍例!?走行距離の異常国家ニッポン!
5、業者を泣かせてコチラが笑う!高額査定必勝法は!?
6、ストレスも手間もなしの楽々高額査定実現法とは!?


中古車買取査定における

 

「走行距離」

 

走行距離が多いか?少ないか?

 

は常に問題になるからです。

 

一般に走行距離は少ないほど高い査定額を獲得しやすい。多くなるほどに安くなっていく。このように言われています。

 

でも、そこに問題はないのでしょうか?ココでは走行距離についてのウソ・ホントを明らかにしていきます。

車査定

■多さ少なさと適正も!?

走行距離は少ないと高い査定額を期待できる。

 

これは事実なのですが、極端に少な過ぎるのも問題です。車は走ることを前提に作られているので、あまりに乗っていない車の評価は下がってしまう。

 

故障やトラブルの温床になると考えられているからです。

 

目安としては1年で1万キロが適正距離。それ以上だと乗り過ぎ、それ以下だと乗らな過ぎ。このように中古車査定ではジャッジされるのです。

 

走行距離が少ないので高額査定を期待できる!それはその通りなのですが、条件付きであることも知っておくと良いでしょう。

 

■5万キロは高走行距離車!?

中古車査定でよく言われるのは「5万キロの壁」
5万キロに達しているのかいないのか?この点がポイントになるというものです。5万キロを超えると査定額はガクンと落ちる、そんな風にいわれるので対策する人がいる。つまり、

 

”5万キロに乗る前に売却しよう!”

 

4万キロに達したらそろそろ・・・、そんな風に売却準備を始める人もいるのです。これについてはある程度正しいのですが、5万キロを越えたら高走行距離車。それは明らかに言い過ぎです。

 

確かにかつての車は今ほど性能面で劣っていたため、5万キロは一つの目安になりました。でも今の車は性能面も向上し、5万キロで高走行距離車とするのはおかしい

 

これが実際のところです。

 

まだまだ走れるし、5万キロが査定で障害になることはないので、”4万だからそろそろ・・・”なんて思わなくてう良いのです。

 

さすがに10万キロを超えた車の査定額はガクンと下がります。何があってもおかしくない車と見られるので、査定額が低くなるのが相場です。

 

いずれにしろ5万キロの壁は過去のものなので気にする必要はありません。

愛車高額売却

■走行距離の山を見極める!

走行距離で注意したいのが「奇数の山」

 

車の買取査定での評価は奇数を軸に評価される傾向があります。1万キロ未満か以下か、3万キロ未満か以下か、5万キロ…。

 

こんな感じで奇数の段を上るごとに査定額が下がっていくというものです。

 

これは売却タイミングをつかむ意味での目安になるので覚えておくと良いでしょう。売ろうかなと思った時が2万5000キロだったら、3万キロに乗る前に売却しよう。このように考えると良いかもしれません。

 

1つの判断材料になるので愛車買取を考えているなら参考になればと思います。

 

■買取業者の手に乗るな!

以上、走行距離について色々と述べてみましたが、実際に日本の車の走行距離の常識は世界では珍例なものです。

 

海外では車を買ったら乗り潰すのが当たり前で10万キロ乗ったから乗り換え!

 

そんなヘンテコな常識は一切ありません。10万キロ乗ったら次は20万キロ乗るのが当たり前だし、50万キロ、100万キロと、どこまでも乗り続けるのが普通だからです。

 

日本では自動車メーカーの利益保護や警察利権の維持のため、世界でも例のない「車検制度」を完備しています。つまり車を買い替えるように買い替えるようにとオーナーに強いる。

 

こうしたおかしな車検制度が当たり前で広く普及し、認知されているからです。

 

性能の良い日本車ならば20万キロ、30万キロ乗るのは当たり前なのでしょうが、車検があるため新調せざるを得ない。実際に走行距離10万キロが高走行距離車とされてしまうのは、世界では通用しないものといえるでしょう。

 

新車を買わせるため、また車買取業者が少しでも安くあなたの車を仕入れようとするため「走行距離」を問題にしてくるケースが多いので、この手に乗ってはイケません。

 

現在日本の中古車の3割以上が海外に輸出されている現状を思えば、10万キロの車だって高く売ることができる。性能が良い日本車。キレイ好きでモノを大事にする日本人の乗った車。車検制度で整備が行き届いた日本の中古車。

 

こうした日本の中古車を手にしようと海外の中古車バイヤーが手ぐすねを引いてあなたの車を待っています。

 

走行距離がどうのと買取業者から言われて安値で手放してしまうのはあまりにモッタイナイのが現状です。

 

中古車買取業者と話せば話すほど、走行距離や年式、キズの有無など細かい点を指摘して何とか安い査定額で手にしようとしてくるので、業者とは、

 

じっくり話し込まない!

 

このことが大切です。

 

高い査定額で愛車を買取に出したいなら問答無用で複数の買取業者に一斉に同時に査定申請をすること。

 

これが買取業者にとって最もツライこと、高額査定を出さざるを得ない業者泣かせの売却法になるからです。

車買取・査定失敗

■買取業者泣かせで高額査定を!

買取業者にとって一番良い客は、1社単独で査定申請をしてくる人。

 

まずはこの業者から始めて、納得いかなければ次の業者に行けば良い…。このような人が一番ありがたいのです。

 

あなたが元中古車買取店で働いていない限りズブの素人。コチラは中古車のプロであり、情報も知識も豊富。しかも大手買取業者の営業員は年間1000件以上の買取交渉を行う交渉のプロ

 

1対1であなたがどう向き合おうとも勝ち目がないからです。走行距離などをもっともらしく上手な話の展開で言われてしまえば、素人では太刀打ちできません

 

“そんなもんか・・・”、そう思わせられてしまうのです。

 

しかも、

 

“今日決めてもらえばアト5万円上乗せします”

 

そんな風に言われてしまえば、イチコロ。多くの人はこの決まり文句に心が折れ、驚きの低査定で大切な愛車を売り渡してしまうのです。

 

愛車の高額査定を目指すならとにかく、1対1での不利な交渉を絶対しないこと。するべきは買取業者同士を争わせること。

 

細かい話などに一切耳を傾けず、いきなり最初から業者同士の争奪戦を仕掛けること。これが買取業者にとって一番厳しいものになるのです。

 

他社よりも査定額で上回らなければあなたの愛車を手にすることはできません。だから安値で買叩くという発想を諦め、他社を超えつつギリギリの利益を確保できるラインはどこか?

 

各社がギリギリのラインを懸命に弾き出すのです。

 

ライバルに査定額で負けてしまえば商品の仕入れができない。商品の仕入れができなければ売上も利益も上がらない。査定額で負けているようでは会社の先行きに暗雲が立ち込めてしまうのです。

 

だから必死に高い査定額を出して何とか手にしようとしてくる。業者間競争は高額査定を簡単に引き出す・業者泣かせの方法になるのです。

 

あなたは最終的にどの業者が一番高い査定額を出すか?を見極めるだけ。走行距離とか年式とか、面倒な話に揺さぶられることなく、知識も経験も一切なしでも高額査定を実現できるのです。

 

そのための最適なツールが中古車無料一括査定です。これを使えばたくさんの業者をあなたの愛車を巡る激しい争奪戦に引きずり込むことができるので、是非とも活用したいところです。

 

くれぐれも、ガリバーの無料査定とか、ビッグモーターの愛車見積もりとかを使わないこと。査定申請は問答無用で、

 

一括査定を使うべし!

 

申請もカンタンで車種・年式・走行距離などを1分程度で入力するだけなので素早く完了できますよ。

中古車一括査定

■省エネ査定の切り札はココ!

中古車無料一括査定の活用は、愛車高額売却に欠かせないものではあります。でも、欠点があることも事実。

 

欠点とは、買取申請を終えると嵐のように買取業者からたくさんの電話がかかってくること。

 

これでもか!

 

というくらいに電話が鳴るので、驚いてしまいやがて怒りを感じる人まで出てしまうのです。

 

またその後に行われる、買取業者に実際に車を見せる出張査定では買取を希望する業者の数だけ行う必要が生じます。

 

すべての買取業者の査定額が決まらない限り、どの業者があなたの愛車に最高額を出すのか?分からないからです。買取業者も日々の厳しい営業ノルマをこなすために不退転の決意であなたの元に現れる。しつこく粘りに粘って帰ろうとしない。

 

こうしたケースも少なくないのです。

 

一括査定の活用は高額査定には欠かせないものだけど、煩わしい電話と面倒な買取業者対応がセットになってついてくる。

 

こうしたマイナス面もあるのです。

 

車査定は何百万円という現金を短期間で得るための大きな商談だからそれも仕方がない。そうした声にも納得ですが、どうしても時間が取れない。またしつこい営業だけは勘弁!

 

こうした声が根強いことも事実。

 

そこでこの声に答えた画期的な一括査定サイトが誕生しました。それがユーカーパックの無料査定なのです。

 

ユーカーパックを使えば、電話は1本限りで出張査定は1回のみ。いずれもユーカーパックからのものとなります。面倒な工程をユーカーパックが1社ですべてを行うので、ストレスなしでの愛車売却を実現できるのです。

 

ユーカーパックは出張査定で確認したあなたの愛車の情報を提携する2000社の買取業者を対象にオークションを開催。それにより最高値を出す業者を特定するのです。

 

あなたはユーカーパックからの電話を待ち、最高額の金額を聞き、OKならそこで売却、NOならばそれですべて終わり。手間ひまなしで最高額での愛車の買取を終えられるのです。

 

高額査定とストレスなしの愛車売却を同時に実現できるので、ユーカーパックをぜひチェックしてみて!

 

■2000社の中から最高額の業者を!手間なし高額実現へ!

車の買い取り査定サービス

 

■次へ:『車買取査定で高額時期やタイミングのウソを検証!

■前へ:『中古車下取りが安値査定の理由はコレ!

 

■車買取記事一覧
車買取査定で失敗する人・成功者に学ぶ最初の一手とは!?
車買取で営業電話なし・しつこい連絡はコレで万全!
中古車買取で安値査定を招く注意点は!?
中古車下取りが安値査定の理由はコレ!
車買取査定で走行距離のウソ・ホント
車買取査定で高額時期やタイミングのウソを検証!
車買取査定で即金払いに潜むキケンの回避法は!?
中古車買取で査定相場の確認がハイリスクな理由は!?
中古車買取査定で個人情報の流失の不安はないの!?
輸入車・外車の買取査定で専門業者最強説の真偽は!?
車買取で色と査定価格の関係は!?影響はこう出る!
車買取査定の評価項目・価格上積みはココに注目!
中古車出張査定でその場で最高額を引き出すには!?
車買取で匿名での高額査定は実現できるのか?

車買取査定で高額時期やタイミングのウソを検証!
中古車下取りが安値査定の理由はコレ!

関連記事一覧

フォルクスワーゲンゴルフオールトラック買取査定で高額実現!

■目次 1、VWゴルフオールトラック買取の注意点 2、買取業者の正体を知り相場確認で高額! 3、対決型の交渉はあまりにキケンな理由は? 4、...

ボルボC70買取で高額査定実現のための絶対禁止事項は!?

■目次 1、ボルボC70の買取前に! 2、競争が高値査定を導く原動力! 3、買取金額はこうして決まっている! 4、競争を激しくして高額査定を...

ベンツRクラス買取査定は嫌がることを徹底せよ!

■目次 1、ベンツRクラスの買取前に? 2、ベンツRの現在の買取相場は? 3、営業員が大嫌いなことを徹底! 4、絶対オススメはコレの徹底活用...

レンジローバースポーツの買取査定で絞り込みは絶対禁止!

■目次 1、レンジローバースポーツ買取の前に! 2、レンジローバースポーツ買取相場は!? 3、横一線でヨーイドンが大前提になる!? 4、名は...

ボルボV70買取で高額査定の障害・業者対応はこう対策!

■目次 1、ボルボV70の買取相場は!? 2、最強ツールの取り扱いは要注意! 3、怒り出す人も続出!その実態とは!? 4、こんな蛮行も実際に...